チャートの表示スケールをリセットする方法

TradingViewではチャートの時間・価格の表示スケールを自在に変更できますが、時には初期状態へ戻したくなるはずです。ただ、その度にスケールを変更していては手間がかかるので、チャートの表示スケールを一発でリセットする方法を用いたいところ。

ふとした小技ですが、覚えると大変便利なので、ぜひ日々のチャート分析にお役立て下さい。

初回に限り全てのプランが30日間無料!

価格スケール(縦)をリセット

まずは、価格スケールつまり縦方向のリセット方法について。下のチャートは価格スケールを縮小した状態ですが、これを標準の状態へ戻します。

手順はとても簡単。チャート上を右クリックし、「価格スケール」から「スケールをリセット」を選びます。

すると、スケールが初期状態へリセットされました。

初回に限り全てのプランが30日間無料!

時間スケール(横)をリセット

次に、時間スケール(横方向)をリセットしてみます。下のチャートは時間スケールを拡大した状態ですが、標準の状態へ戻します。

先ほど同じくチャート右クリックし、「時間スケール」から「スケールをリセット」を選びます。または、ショートカット「Ctrl + alt = Q」でも同様の操作が行えます。

すると、下の画像のとおり、スケールが初期状態へリセットされました。

初回に限り全てのプランが30日間無料!